フィギュアの処分方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ゲーム作品が非常に多く販売されている昨今、ゲーム作品に出てくるキャラクターのフィギュアも比例するように増えています。ゲーム購入の特典としてフィギュアが付いてくる事もあり、ゲーム作品のフィギュアを持っている、集めているという人は意外と多いのではないでしょうか。ただ、フィギュアは誰もが欲しがるという訳ではありませんから、ゲーム購入の特典として付いてきてしまったフィギュアを処分したいという人もおり、そういった方が処分する際におすすめしたい方法が買取サービスの利用です。フィギュアが購入特典として付いてくるゲームは値段が高い場合が多いので、買取を利用する事で購入費用の一部を取り戻す事も可能になります。

フィギュアの買取をしているという店舗は少なくありませんし、ゲーム作品のフィギュアは高額で買取をしているという店舗も多くあります。特にゲームの購入特典のフィギュアは希少性も高く高価買取をしている店舗が多いので、買取サービスを利用する事でより多くの購入費用を回収する事も可能となるでしょう。もちろんゲームの購入特典以外にも、ゲームのキャラクターのフィギュアはさまざまなものが販売されていますから、それらを持っているという方がフィギュアの処分をするための手段として買取サービスは便利なものとなっています。

ただ、自宅から長時間離れる事ができないという人や、近くにそういった店舗が無いという方もいますし、そういった方がフィギュアの買取サービスを利用するためには、どのようにすればいいのでしょうか。フィギュアはどうしても場所を取ってしまいますから、それらの処分のために、買取サービスについてさまざまな知識を知っておくと良いでしょう。

フィギュアとはいったいどんなものなのか?

フィギュアの一般的なスケールは1/48 1/35 1/24 1/20 1/16 1/10 1/12 1/8 1/7 1/6 1/5 1/4です。ノンスケールというスケールを固定せずに自由に造形するものも多いです。俗にBOMEスケールというのも存在します。等身大フィギュアというものも存在するが、普通のサイズを好んで買う人でも嫌悪する場合や、高額な場合が多いため、一般的とは言えないでしょう。

勇者値段はガチャポンの200円から5万〜10万までするものがあるが、塩化ビニール(以下PVC)で作られている1/6スケールなら、大抵は1万前後といったくらいでしょうか。値段によってその造形の完成度が変わってくる場合が多いが、値段と不釣り合いなほどうまくできているフィギュア(俗にいう神)も、下手なフィギュア(俗にいう邪神)もあります。

分類は『組み立て+塗装済み完成品』か『未組み立て+未塗装の品物』があるが、前者を塗装済み品と呼び、後者を一般的には未塗装キット、それが少数ロットの場合ガレージキット(ガレキ)と呼ぶ場合もあります。

フィギュアを買取店へ

私はアニメが大好き!とまでは言いませんが、スキな方に入ると思います。なぜそう思うかというと、私は好きなアニメのフィギュアを買って集めているからです。その時、その時にはまっていたアニメのフィギュアを集めてしまうので、気がつけば棚にはいろんなフィギュアがたくさん並んでいます。むしろ、もう置く場所がないくらいです。

フィギュアはいろんなサイズがあり、私の家にあるのは、大きいもので30cm以上くらいでしょうか。ちゃんと箱に入って飾られています。それを眺めるのがすきです。小さい物でも、種類がたくさんあったりする物もあるので、小さい分安いということもあり。ついつい買ってしまうのですよね・・・。

ただ最近本当にもう置く場所がないということで、置く場所を他にも作るか、それとも買取店に出すかで悩んでいました。せっかく集めた物を買取店に出してしまうのは、本当にもったいなく惜しいのですが、もうそこまで興味のないアニメの物もあったりしたので、寂しい気持ちはありましたが、買い取ってもらうことに決めました。さすがに購入時の値段にはほど遠いいですが、箱に入れて保存していただけあって、いい値段がつきましたので、箱に入れておくというのは、かなり重要ポイントです。